ビッグデータによる外国人の行動分析、東京・台東区では台湾人旅行者が深夜に集中などモバイルデータで明らかに

インテージリサーチは、携帯電話から得られるビッグデータをもとに、訪日外国人旅行者の滞在場所を時間帯別・居住国別に分析した。対象期間は2014年11月の1か月間。それによると、昼間時間帯は東京都・中央区では中国からの旅行者が19.9%と最多、台東区では台湾から(21.1%)、神奈川県・鎌倉市ではタイから(33.9%)の旅行者が最も多いことがわかった。

昼間時間帯の中央区、台東区、鎌倉市における国別・滞在状況は以下のとおり。(10時~19時に計測された滞在人口の最大値を来訪人数とし、各国の最大値を積み上げた合計値を100とした場合の各国の出現率)

インテージ:報道資料より

また、時間別の滞在人口量を見ると、同じ地域でも国によって異なる傾向があることが判明した。

たとえば台東区では、中国や米国からの来訪は昼間の時間帯にピークを迎える一方で夜間に向けて人口量が減少。逆に台湾からの旅行者では深夜の時間帯にピークを迎えた。これにより、台東区は特に台湾からの来訪者にとって宿泊場所として利用されていることが明らかになったとしている。

台東区における時間帯・国別滞在状況は以下のとおり。

インテージ:報道資料より

この調査は、NTTドコモによる独自の人口統計ビッグデータ「モバイル空間統計」のうち、訪日外国人が所有する携帯電話のローミング情報から得られたものを対象に実施されたもの。分析対象となった地域は、訪日外国人旅行者が多数滞在すると想定される東京都(港区、渋谷区、中央区、台東区)と神奈川県(横浜市中区、西区、港北区、鎌倉市、箱根町)の合計9区町。

調査期間に対象エリアに滞在した訪日外国人は、1日平均2万1486名と推計。

分析結果の詳細は以下まで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。