バンヤンツリー、新ブランド「ダーワ」発表、デザインとテクノロジー重視で1号店は中国・海南島

バンヤンツリー・ホテルズ&リゾーツは新ブランドのホテル「Dhawa(ダーワ)」をオープンする。新世代の旅行者のニーズに対応するフルサービスホテルで、現代的なデザインと快適性、テクノロジーを融合させた個性的な滞在を提供。また、多様なオプションを揃え、利用者の好みに応じたカスタマイズを可能とするのが特徴だ。

館内はそれぞれデザインの異なる5つの設備で構成。このうち、客室は「Cocoon(コクーン)」と名付け、ベッドにはコンセント付の可動式テーブルを設置する。また、各フロアにはコミュニケーションスペース「Nest(ネスト)」を設け、無料のドリンクやスナック、アイスクリームなどのリフレッシュメントも提供。ロビーエリアにもリラクゼーションスペース「Void」を用意する。このほか、スパやフィットネスセンター、キッズクラブも完備する。

1号店は2016年3月、中国の海南島の都市、ボアオに「ダーワ・ボアオ」としてオープン。全346室で、宴会会議場やレストラン、プールも設ける。また、2016年7月にはキューバにも「ダーワ・カヨラスブルハス」をオープン。バンヤンツリーとして初の中米のプロパティとなる。このほか、中国のプーアルや雷山、洛陽、タイのバンコクとプーケットでもダーワブランドでのオープンを予定している。

なお、バンヤンツリーでは今後も戦略的にグローバル展開を行ない、5年間のうちにポートフォリオを倍増させる計画だ。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。