富士急行が新型特急「富士山ビュー」を発表、デザインは水戸岡鋭治氏のウッド調で

富士急行は2016年春、会社創立90周年事業として新型特急「富士山ビュー特急」を導入する。

新型特急のデザインは、同社の観光列車「富士登山電車」と同じく水戸岡鋭治氏が担当。木の材質を活かした車内から、富士山の姿を観覧することができるもの。

1編成3両(JR東海371系 7両1編成を改造)で、運行経路は富士急行線・大月駅から河口湖駅間。停車駅は大月、都留文科大学前、富士山、富士急ハイランド、河口湖となる。

発表された内装のデザインは以下のとおり。運航開始日の詳細などは確定次第追って発表される見通しだ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。