独・ミュンヘン空港、2016年4月26日に新サテライト開業へ、年間3600万人の受入れが可能に

ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)とミュンヘン空港会社は、2016年4月26日、独・ミュンヘン空港ターミナル2の新サテライト施設をオープンする。

新施設の旅客受け入れ能力は年間1100万人。ターミナル2全体では年間3600万人の受け入れが可能となる。チェックインやパスポート、手荷物検査はターミナル2で行ない、サテライト施設へは地下個人輸送システムを使用して約1分で移動。新たに設けられる27か所の駐機スポットには、バスに乗ることなく直接搭乗可能となる。

なお、3月中旬には、各企業・政府機関が順次新施設に移転を開始する予定。それに伴い、多くの什器や資材の運搬が進められ、施設内の様々な場所で規制・出入り制限を設けるなどセキュリティ面の整備もおこなわれる。

また、同じく3月中旬までには総合試験運用の一環として、エキストラ500名を含むのべ2800名が参加して大規模な模擬訓練を実施。施設内の移動や搭乗・乗り換え手順、標識のわかりやすさなどを評価し、最終準備に活かす予定としている。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。