KNT-CT、海外旅行は団体が2ケタ増、クラブツーリズムが海外・国内とも前年減に -2016年4月

KNT-CTホールディングスの2016年4月の総取扱実績は、前年比6.6%減の348億1048万円となった。

国内旅行が9.0%減の238億7979万円と前年を下回る実績。団体旅行は学生がほぼ前年並みだったものの、一般団体が前年の大型大会や周年団体の影響で13.4%減の21億6242万円となり、団体旅行合計で5.8%減の59億7867万円となった。

国内企画旅行もKNT個人旅行主催のメイトが17.5%減の38億4960万円と2ケタ減となったほか、クラブツーリズムも7.6%減の102億936万円とマイナスに。クラブツーリズムは新幹線の開通効果で北海道は好調だったが、前年の善光寺の御開帳や北陸新幹線開業の反動で、バス旅行以外の国内旅行部門が12.0%減と大きく落ち込んだ。

海外旅行は、団体旅行が好調。一般団体が11.1%増の15億5929万円、学生団体が19.7%増の3億4145万円となり、団体旅行合計で12.6%増の19億75万円と2ケタ増となった。一般団体は大型の周年旅行や見本市・展示会を取り込み、学生団体も語学研修や短期留学などの取扱が伸びた。

一方、海外企画旅行はテロ等の外的要因が影響し、KNT個人主催のホリデイはヨーロッパ方面が不調。また、オセアニア・ハワイ以外は前年を下回り、17.0%減の8億596万円と2ケタ減となった。このほか、海外個人旅行も12.5%減の25億1345万円と不調だった。

クラブツーリズムも6.7%減の29億4428円。テロの影響を受ける中、南欧は前年を上回ったが、ヨーロッパの他の地域は前年を下回る推移となった。ただし、アジア方面やクルーズは好調で、前年を上回った。

このほか、外国人旅行は22.4%増の18億8399万円となった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。