海外旅行で余った通貨を電子マネーに交換、羽田空港などで専用端末導入へ

海外貨幣の回収・換金サービスなどをおこなうポケットチェンジがこのほど、海外旅行で余った外国紙幣や硬貨の両替相当金額を電子マネーやクーポンなどに変換できる専用端末を開発した。同社が提携する楽天の社屋に設置するほか、7月には羽田空港国際線ターミナルと京急電鉄 羽田空港国際線ターミナル駅にも導入する。

2016年6月1日現在で、海外通貨と交換できるサービスは、全国交通系IC(SuicaやPASMOなど)、楽天Edy、Amazonギフト、LINEギフトなど。通貨は日本円と米ドル、ユーロから対応し、順次対応範囲を拡充する。外国人旅行者が日本円を自国で利用可能な電子マネーに交換することもできる。

端末を操作する際には、余った外貨を端末に投入し、交換したいサービスを選択するだけ。Suicaや楽天Edyなどの非接触ICカード型は、端末にかざすことでチャージが完了する。氏名や住所、電話番号といった個人情報は不要なため、安心して利用できる。

同社は、今後、国内でのサービス拡充や海外展開も計画。海外旅行者の利便性向上に貢献するとともに、空港サービスの付加価値向上や外国通貨両替所の混雑緩和、電子マネーやポイント経済圏の活性化などを目指す考え。

同社によれば、海外旅行時に余ったまま保管されている通貨の総額は、日本国内で年間3500億、世界で約10兆円に至るという。



みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。