ANA、羽田発の米国路線(ニューヨーク、シカゴ)でスケジュール決定、ホノルル線、ロサンゼルス線も変更

全日空(NH)は2016年10月30日から運航を開始する羽田/ニューヨーク線とシカゴ線について、運航スケジュールを発表した。今年2月の日米航空当局間協議で合意を受けて配分された発着枠で就航を決定した路線。両便とも羽田を午前10時台に出発し、午後21時に帰着するスケジュールで、現地滞在時間を長く設定した。

これにあわせ、成田/ニューヨーク線のNH10便とNH10便および、成田/シカゴ線のNH12便とNH113便は、10月30日から運休。成田発ニューヨーク行きのNH104便はNH10便に、成田初シカゴ行きのNH114便はNH12便に変更し、従来通りの夕方便として運航する。

また、既存の羽田発着米国路線では、ホノルル線とロサンゼルス線も利便性の向上を目的にスケジュールを変更。ホノルル線は出発便を現行の夜便としつつ、帰着時間を17時台に早めることで、多くの国内線との乗り継ぎができるようにした。ロサンゼルス線は早朝到着は現行のままとしつつ、出発時間を1時間早め、ロサンゼルス到着後の乗継拡充と滞在時間を拡大する。

スケジュールと使用機材は以下の通り(関係当局の認可が前提)。新規路線の航空券の予約・発売は6月30日から開始する。

羽田/ニューヨーク(ジョン F. ケネディ空港)線

  • NH110 羽田 10:20発/ニューヨーク 09:00着(毎日)
  • NH109 ニューヨーク 16:55発/羽田 21:10(翌日)(毎日)
    ※機材:ボーイング777-300ER(ファーストクラス8席、ビジネスクラス68席、エコノミークラス136席)
    ※10月30日~11月5日、3月12日~3月25日はニューヨーク発着時刻が1時間遅くなる

羽田/シカゴ線

  • NH112 羽田 10:50発/シカゴ 07:40着(毎日)
  • NH111 シカゴ 16:15発/羽田 20:30(翌日)(毎日)
    ※機材:ボーイング777-300ER(ファーストクラス8席、ビジネスクラス52席、エコノミークラス190席)
    ※10月30日~11月5日はシカゴ到着時刻が55分、シカゴ出発時刻が1時間10分、3月12日~3月25日はシカゴ到着時刻が55分、シカゴ出発時刻が1時間遅くなる

羽田/ホノルル線

  • NH186 羽田 21:55発/ホノルル 10:05着(毎日)
  • NH185 ホノルル 13:10発/羽田 17:25着(翌日)(毎日)
    ※機材:ボーイング787-8(ビジネスクラス42席、エコノミークラス198席)
    ※1月1日~3月25日はホノルル到着時刻が10分、ホノルル出発時刻が15分早くなる

羽田/ロサンゼルス線

  • NH106 羽田 22:55発/ロサンゼルス 15:50着(毎日)
  • NH105 ロサンゼルス 00:05発/羽田 05:05(翌日)(毎日)
    ※機材:ボーイング777-300ER(ファーストクラス8席、ビジネスクラス52席、エコノミークラス190席)
    ※10月30日~11月5日と3月12日~3月25日はロサンゼルス到着時刻が1時間遅く、10月30日~11月6日と3月13日~3月25日は、ロサンゼルス出発時刻が45分遅く、羽田到着時刻が5分早くなる

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。