レジャー施設の入場者数ランキング2016、USJとハウステンボスが過去最高、金沢21世紀美術館は35%増に ―綜合ユニコム

綜合ユニコムがとりまとめた「全国の主要レジャー・集客施設 入場者数ランキング 2016」で、テーマパーク入場者数1位は「東京ディズニーランド・東京ディズニーシー(TDR)」が前年度比3.8%減の3019万1000人、2位は「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」が同9.4%増の1390万人、3位は「ハウステンボス」が同11.2%増の310万7000人。USJとハウステンボスは過去最高の人数を記録。また、開園25周年の「サンリオピューロランド」が25.4%増と大幅な伸びを見せ、前年度の5位から4位にランクアップした。

この調査は、同社がテーマパーク・遊園地・動物園・水族館・ミュージアムの入場有料施設を対象に独自に実施したもの。2015年度は各施設の積極的な展開に加えシルバーウィークやうるう年効果などが奏功し、ランキング上位施設(5業種、上位10施設)全体の集客実績は前年度比5.2%増となった。

テーマパークの入場者数上位5施設は以下のとおり。


綜合ユニコム:報道資料より

遊園地では、1位「鈴鹿サーキット」が前年度比5.1%増の207万4652人。2位「よみうりランド」(同29.1%増、173万2789人)は"ジュエルミネーション"人気で2桁増を記録。3位「ひらかたパーク」は同6.2%増の161万1010人で、前年度に続いて100万人超えとなっている。

綜合ユニコム:報道資料より

動物園では、今年も「東京都恩賜上野動物園」(前年度比7.5%増、396万9536人)が首位を維持。2位は「名古屋市東山動植物園」(同13.8%増、258万3986人)。昨年5位だった「天王寺動物園」は開園100周年効果などにより同26.9%増の173万1000人で3位に浮上している。

綜合ユニコム:報道資料より

水族館では、1位「沖縄美ら海水族館」が前年度比5.3%増の340万人で過去最高記録を更新。次いで大阪「海遊館」(同11.9%増、245万人)、3位「名古屋港水族館」(同4.3%増、205万7185人)となった。


綜合ユニコム:報道資料より

ミュージアムでは、「金沢21世紀美術館」が北陸新幹線開通効果で前年3位から大きく躍進。前年度比34.7%増の237万2821人となりトップを獲得した。2位は「国立新美術館」(同12.5%減、229万2330人)、3位「東京科学博物館」(同27.9%増、221万9744人)となっている。

綜合ユニコム:報道資料より

なお、同調査の詳細な集計・分析結果は、『月刊レジャー産業資料』8月号の特集「レジャー施設 集客ランキング2016」に掲載されている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。