カンタス航空が民泊「Airbnb」と提携、航空会社では世界初、民泊予約でカンタス会員ポイント付与【動画】

カンタス航空(QF)は2016年10月4日(シドニー時間)、Airbnbとの業務提携を発表した。カンタス航空のウェブサイトからAirbnbを予約すると、1140万人の会員が利用するカンタスの会員プログラム「フリークエントフライヤーポイント」を取得できるもの。

ポイント蓄積レートはAirbnbの料金1ドルあたり1ポイント。予約時にはカンタス航空公式サイト内の「Hotels and Airbnb」ページから予約する必要がある。

カンタス航空は今回の提携について、「デジタル・テクノロジー事業の革新を視野におくパートナーシップの新たなステップ」だと表現。現在、顧客の多くが宿泊先としてホテル同様にAirbnbを利用していることに言及し、今後も独自性のある旅行体験を提供していく考え。

東京での滞在先を舞台にした新サービスの紹介動画も公開されている。

Qantas and Airbnb. Fly There. Live There: Tokyo(Youtube:約30秒)

関連記事>>>

KLMオランダ航空が個人宅宿泊予約のエアビーアンドビー(Airbnb)と連携開始、東京含む世界600エリア以上で

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。