成田空港スタッフが「ロボットスーツ」装着、ANA・JALと連携で手荷物預かりの試験導入

成田空港はこのほど、旅客手荷物ハンドリング業務に携わる従業員が装着するロボットスーツ(装着型作業支援ロボット)の試験導入を開始した。従業員の負担軽減や業務効率向上を目指し、全日空(ANA)と日本航空(JAL)と連携して進めるもの。

今回導入されるロボットスーツは、サイバーダイン社製の「HAL(作業支援用・腰タイプ)」。荷物を持ち上げたり移動させる際の腰部や椎間板にかかる負担軽減がおこなえる。このロボットスーツは、人間の脳が筋肉に送る生体電位信号に反応して動作するのが特徴。小型・軽量であるため女性でも装着が可能で、バッテリー利用のため使用場所にも制限がないという。

今回の試験導入は、2017年1月24日から2月18日まで実施される。実施場所は成田空港のANA(第1ターミナル)とJAL(第2ターミナルの)それぞれのチェックインカウンターとバゲージクレームエリア。

なお、羽田空港リムジンバスではこのロボットスーツを2016年11月に本格導入している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。