テクノロジー系メディア「WIRED」、デジタル先進国エストニアを視察・起業家と交流するツアーを発表、5泊7日で1名105万円

テクノロジー関連メディア「WIRED(ワイアード)」日本版が2017年5月、海外視察ツアー「エストニア テック&イノヴェイションをめぐる7日間の旅」を実施する。

このツアーは、同社が2016年に始めた旅のプラットフォーム「WIRED REAL WORLD」で提供されるもの。ここでは「カルチャー」「ビジネス」「テクノロジー」をテーマとする年4回の海外視察ツアーを計画。デジタル化政策を次々と推進する小国「エストニア」への旅行に続き、2017年はドイツ(ベルリン)、米国(ポートランド)、イスラエル(テルアビブ)への視察を予定する。

エストニアへのツアーは2017年5月22日から28日までの5泊7日。料金は1名1室利用で105万8400円。日本国内での事前勉強会に始まり、タリン到着後に現地のスタートアップ企業訪問やワークショップ、プレゼンテーションコンテスト「Latitude59」に参加。イベントでは1500名を超える起業家やたちとの交流時間が設けられるほか、帰国後には事後報告会を行う。募集人員は20名。

なお、このツアーはJTBコーポレートセールスが募集型企画旅行として企画・実施。2017年2月23日と3月8日には、ツアーの説明会が行われる。詳細は特設サイトまで。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。