日本旅行、単体決算で増収増益、団体旅行と国際旅行が牽引 -2016年12月期

日本旅行が発表した2016年12月期(2016年1月1日~12月31日)連結業績は、営業収益が前年比0.2%増の529億7200万円、営業利益が1.3%増の13億9200万円、経常利益が11.8%減の20億1800万円、当期純利益は10.5%増の11億3900万円だった。

経常利益は2億6900万円減少となったが、この減少分は為替の影響が大きい。昨年度は営業外収益に為替差益で2億3400万円を計上したが、今年は為替差損が4900万円となった。

また、日本旅行単体の個別決算では販売高が0.2%減の4119億6800万円、営業収益は0.4%増の454億5200万円、営業利益は64.0%増の6億9600万円、経常利益は2.5%増の11億2600万円、当期純利益は24.6%増の4億400万円。

国内旅行、海外旅行とも企画商品や単品販売が前年割れとなったのに対し、団体旅行はプラス推移となった。特に海外旅行ではテロの影響を踏まえ、方面別販売戦略の見直しを実施。団体旅行ではハワイや米本土へのキャンペーンや、台湾での日本観光・物産展、豪州での文化交流事業にあわせた送客拡大を徹底した。また、国際旅行でも会議運営案件を強化するとともに、団体旅行やFITの取り扱い拡大を目的としたOTAを含む海外有力旅行会社との連携強化を行なった。各部門の概要は以下の通り。

なお、日本旅行では昨年末に新中期経営計画「VALUE UP 2020」を発表。同計画と2017年度事業計画の実現を目指す。2017年12月期(2017年1月1日~12月31日)の連結業績予想は、営業収益は1.5%増の538億円、営業利益は26.8%減の10億2000万円、経常利益は19.3%減の16億3000万円、当期純利益は4.4%減の10億9000万円と発表している。

【日本旅行個別決算・部門別状況】

国内旅行部門

  • 販売高:2632億2500万円/0.4%減(前年比、以下同)
  • 営業収益: 293億9500万円/0.4%減
  • 内訳(販売高):
    • 企画旅行商品: 1043億3700万円/1.2%減
    • 団体旅行:722億9600万円/4.5%増
    • 単品販売(JR券や国内航空券等):865億9100万円/3.3%減

海外旅行部門

  • 販売高:1125億9100万円/8.9%減
  • 営業収益:95億4900万円/12.9%減
  • 内訳(販売高):
    • 企画旅行商品:354億6100万円/20.0%減
    • 団体旅行:243億9400万円/1.8%増
    • 単品販売(国際航空券等):527億3400万円/4.6%減

国際旅行部門

  • 販売高:352億600万円/21.7%増
  • 営業収益:49億200万円/27.2%増

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。