動画で気持ち伝えるアプリ「SNOW(スノー)」の人気が急上昇、2年前の「インスタグラム」と同じ傾向に ―ニールセン

ニールセンはこのほど、2017年1月のSNSやコミュニケーションアプリ利用状況を発表した。それによると、最も人気のあるアプリは「LINE」で、半年前の2016年7月と比較して8%増の4807万人が使用。2位が「ツイッター(Twitter)」で2392万人、3位が「フェイスブック(Facebook)」で2093万人と続いた。また、増加率が最も高いアプリは動画コミュニケーションが可能な「スノー(SNOW)」。半年前と比較して27%増の408万人が使用した。

SNSやコミュニケーションアプリの利用者数は以下のとおり。

ニールセン:報道資料より

性年代別に利用状況をみると、「LINE」「Facebook」は性別や各年代で均等な利用者がいることが分かる。「スノー SNOW」は34歳以下の女性に圧倒的な人気。この傾向は、2年前の2015年1月に「インスタグラム(Instagram)」利用者の49%を34歳以下女性が占めた状況と類似しているという。

SNSやコミュニケーションアプリの姓年代構成比は以下のとおり。

ニールセン:報道資料より

この調査は、国内の会員モバイルユーザー8000名(iOSとAndroid各4000名)から取得したアクセスログをもとに分析されたもの。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。