今年はカナダ建国150周年、4つのテーマで各種イベント開催へ、観光局らがキャンペーン発表

2017年7月1日に、カナダは建国150周年を迎える。これにあたり、カナダ観光局(DC)とカナダの在日州政府観光局によって構成されるチームカナダは、「笑顔でつながるカナダ」をテーマとしたキャンペーンを展開する。

このほど開催されたカナダ大使館でのオープニングイベントでは、イアン・バーニー駐日カナダ大使が今年は1年間に渡って、カナダ国内すべての国立公園や施設に無料で入場できるディスカバリーパスを配布することを明らかにした。「建国150周年を記念し、カナダ政府は『自然環境』、『先住民との調和』、『若者』、『多様性と共生』という4つのメインテーマを掲げ、1年を通じてさまざまなイベントを予定している」という。

日本においては、DCが2015年から、全12話の連続ドラマ「モザイク・カナダ」をイマジカBSと共同制作している。現在、10話まで放映済みだが、今年は11話が3月29日、カナダ建国記念日にあたる7月1日には最終話が放映される。また、スカパーやJ-COMなどでオンエアされるほか、カナダの総合ポータルサイト「カナダシアター」でドラマの動画が公開される。

カナダシアターでは、2017年5月1日~31日の1ヶ月間に渡り、新たなコンテンツ「カナダの笑顔を探す旅」を投入。お笑い芸人の大納言光子氏によるカナダ横断体験の旅が、本人のブログにより現在進行形で紹介されるほか、大納言氏による現地での体験内容をユーザーの投票で決め、その体験を動画にアップする参加型コンテンツもアップされるという。

なお、キャンペーンに伴い、カナダ大使館内の高円宮記念ギャラリーでは4月28日まで「笑顔でつながるカナダ」写真展を開催中。入場は無料だが、入館には写真付き身分証明書の提示が必要だ。

記事:井上理江

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。