JAL、新たなウェブマガジン公開、専門家執筆の記事やGPS連動機能でタビマエ・タビナカで利用しやすく

日本航空(JAL)はこのほど、旅行に関するウェブマガジン「OnTrip JAL(オントリップ JAL)」を公開した。「自分らしい旅のヒントが見つかる」をコンセプトに、各業界の著名人や世界の現地ライター、自治体との連携によりコンテンツを掲載。また、ブックマーク機能やGPSと連動して現在地周辺の情報を提供するスマホ専用機能など、タビナカでも利用できるようにした。

サイト内は、「旅スポット」「絶景・景色」「アクティビティ」「グルメ」「旅館・ホテル」「旅のTips」といったメニューで構成される。

記事ページでは、例えば、パリを拠点に活動する建築家の田根剛氏が「旅を楽しむ最大のポイントは偶然を楽しむこと」というテーマで旅の楽しみ方を紹介。美しい写真とともにインタビュー形式で旅行の極意を展開するほか、氏が手掛けた海外施設などに関する情報を提供する。

コンテンツは、行きたいエリア別に検索することが可能。また、旅行計画に役立つクリップ機能(端末ごとの記事保存する機能)がついているほか、スマホサイトでは、GPS機能と連動した「現在地から探す」機能も提供。例えば初めての旅行先でも、現在地周辺の観光スポットや関連情報をすぐに閲覧できる。また、記事を読んだ読者が「行きたい!」「行ったよ!」「なるほど!」といったフィードバックとともにコメントを投稿できるようになっている。

JAL:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。