宮崎県小林市のPR動画「サバイバル下校」、遊びゴコロ満載の衝撃のオチ【旅に出たくなる動画シリーズ】

フランス人が喋っていたのは実は西諸弁だったというオチのPR動画「ンダモシタン小林」で有名になった宮崎県小林市。その新作「サバイバル下校」がまた話題になっています。CMプランナーとして地元の小林秀峰高校の生徒29人が参加。今回も衝撃の結末となっています。

想像するに、小林市のよさを逆算してストーリーを組み立てているのだと思いますが、その発想がユニーク。以前、「地域プロモーション映像の作り方講座」を取材したとき、ヒット動画を制作したクリエーターたちはそろって、発注元である自治体の理解が大切だと言っていました。再生回数200万回を突破している「ンダモシタン小林」の成功体験があるとはいえ、今回も小林市の遊びゴコロにやられました。この一連の動画が、小林市の知名度アップだけでなく、どれだけ観光促進につながっているのか、取材してみたいものです。

ヤフー動画やテレビの情報番組でもすでに紹介されていますが、まだご覧になっていない方はこの機会にどうぞ。あまり書きすぎると、ネタバレしてしまう恐れもあるので、このへんでやめておきます。

宮崎県小林市 PRムービー“サバイバル下校” 90sec

Survive Way Home

トラベルジャーナリスト 山田友樹

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…