リクルートが宿泊施設の業務支援サービスを積極化、チャット形式の自動応答など3種類、2018年春から展開へ

リクルートライフスタイルは2018年春(予定)より、宿泊施設向けの業務支援サービスとして、AIを活用したチャット形式の自動応答サービス「トリップAIコンシェルジュ」など3商品を提供開始する。

「トリップAIコンシェルジュ」は、宿泊施設のサイトや「じゃらんnet」の予約完了画面から利用できるサービス。「問い合わせをする」ボタンをタップするとチャット画面が開き、利用者の質問に対して即時に回答が表示される仕組み。価格は50室以下で月額1万円、51~100室で月額2万円、101室以上で月額3万円。

同サービスの利用画面は以下のとおり。

リクルートライフスタイル:報道資料より

同時に、予約機能を含めたウェブサイト作成サービス「ホームページダイレクトサービスプラス」も提供開始する。ここでは、月額2万円でスマートフォンなど複数デバイス向けの表示最適化や多言語対応を含め、顧客の要望に沿ったサイト作成をおこなう。例えば、約1000種類からデザインを選択できるほか、施設・周辺の写真一覧機能やメッセージ配信機能なども提供する。

「ホームページダイレクトサービスプラス」で作成したウェブサイト作成イメージは以下のとおり。

リクルートライフスタイル:報道資料より

さらに、需要予測結果から適正価格設定を支援する「レベニューアシスタント」サービスも新たに開始する見通し。これは「じゃらんnet」のビッグデータなどから導出される需要予測データを活用するもので、価格は決定次第公表される見通し。

これら3種類のサービスはいずれも2018年春の開始予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…