アパレル通販傘下のOTA「トラベルオンライン」、商号変更とチャット型接客サービスの提供を発表

ファッション関連通販サイト「ショップリスト(SHOPLIST)」運営のクルーズ社傘下の「トラベルオンライン」は2017年8月7日、商号を『CROOZ TRAVELIST 株式会社』に変更。あわせて、同社が運営する格安航空券の比較・予約サイト『airtown(エアータウン)』のサービス名を『TRAVELIST by CROOZ』に変更し、リニューアルオープンした。

トラベルオンラインは、2017年4月にクルーズ社が全株式を取得し、オンライン旅行業に参入を表明していた企業。同社は2009年4月からオンライン航空券販売・ホテル予約の「タビマエ」サービスを中心に提供してきたが、今後は「タビナカ」「タビアト」のニーズも含めた旅行に関わるすべてを「旅行(トラベル)のスペシャリスト」=「TRAVELIST(トラベリスト)」としてサポートしてく考えから商号・サービス名の変更を行った。

また、同社は『TRAVELIST by CROOZ』で、旅行の相談ができる「チャット型接客サービス(β版)」の提供も開始した。これは、オンライン接客型不動産仲介「ietty」を運営するiettyのチャット型接客の成功ノウハウと、CROOZ TRAVELISTの旅行業界のオペレーションノウハウを融合したサービス。集客から購買行動までの一連のユーザー体験を設計し、気軽にコンタクトできるLINEチャットを利用して運用することでユーザーへのエンゲージメントを高めていく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。