エールフランス航空、今冬は東京/パリ線を強化、羽田昼間便を増便

エールフランス航空(AF)は2017/2018冬期スケジュール(2017年10月29日~2018年3月25日)で東京/パリ線を強化する。羽田/パリ線(AF279)を2017年夏期スケジュールの週3便から日曜日便を加えることで週4便に増便。デイリー運航の成田線(AF275)と羽田線(AF293)を加え、週18便を運航することになる(国土交通省申請予定)。2016/2017冬期スケジュールの比較では、座席数で20%増、週平均では約1,000席の増加となる。

東京/パリ線の運航スケジュールは以下の通り。

AF275 成田11:05発/パリ15:55着/毎日/B777-300


AF279 羽田13:45発/パリ18:35着/月木土日/B777-200
AF293 羽田23:50発/パリ04:45着(翌日)/毎日/B777-300

関西発(AF291)の週4便(月火木土)は継続。AFは2017/2018冬期スケジュールで日本/パリ線で計週22便を運航することになるほか、KLMオランダ航空(KL)が成田・大阪/アムステルダム線を計週13便運航する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。