アプリなしでバス運行情報がわかる新システム、走行位置などリアルタイム確認など、ゼンリンらが共同開発

ゼンリンデータコムはPCIソリューションズと共同で、ウェブブラウザでバスの運行情報を的確に把握できる「バスロケーションシステム」を開発し、販売を開始した。

バスロケーションシステムはこれまでにも様々なものが存在するが、同システムは利用者の負担が少なく、的確な運行情報を伝えられるのが特徴。なかでもアプリではなくウェブベースのシステムとしたことで、バス事業者のアプリ開発を不要とし、乗客はウェブブラウザで運行状況を閲覧できるようになった。これにより、専用アプリで展開する場合のアプリの普及対策も不要となる。

仕組みは、バス車両の運賃箱とGPS・通信機能付きの専用車載端末を連動し、停留所の通過や未通過状況を把握。GPSの併用で、より正確なバスの位置情報を提供する。管理者はパソコンやタブレットから、地図上で各系統の車両の走行位置や運行状況を、リアルタイムに確認できるという。

さらに、専用車載端末にはVoice機能を搭載。車両のみならず、路線や管轄営業所単位などのグループ、全車両への一斉同報など、バスと営業所の連絡をワンタッチでハンズフリー通話ができるようにした。IPパケット通信を使用しており、ランニングコストを極小化できるのも特徴だ。

発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…