体験型ふるさと納税サイト「ふるなびトラベル」が登場、返礼品にポイント付与で旅行プランと引換え可能に

ふるさと納税サイト「ふるなび」を運営するアイモバイルは、日本旅行と業務提携を実施し、ふるさと納税を行うと旅行にいける体験型ふるさと納税サービス「ふるなびトラベル」を提供開始した。寄付の返礼に品物を受け取るのではなく、「トラベルポイント」を受取り、それを貯めて旅行に行けるもの。

ポイントの授与は2万円以上のふるさと納税が対象。2万円に対して6000トラベルポイントを提供する。旅行プランは日本旅行が各自治体に応じて企画・商品化。専用サイトから申し込むことができる。

2017年10月17日の時点では、山梨県富士吉田市、山中湖村、富士河口湖町、長野県飯山市、小谷村など8つの市町村が参画している。宿泊可能なプランに必要なポイントは日程・行き先によって異なり、例えば山梨県山中湖村の「富士マリオットホテル山中湖 宿泊プラン(1泊夕朝食付)」は最低2万7000ポイントから、長野県小谷村の「白馬アルプスホテル 宿泊プラン(1泊夕朝食付)」は1万3000ポイントから、などとなっている。

ふるなびトラベル

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。