関空、今冬の国際線が過去最高の週1326便に、LCCのシェアが約40%に拡大

関西エアポートは、2017年冬期スケジュールでの関西国際空港の国際定期便が過去最高の週1,326便(12月ピーク時)に達すると発表した。これは、前年比で週114便増、2017年夏期スケジュールと比べると週58便増加することになる。そのうち、国際旅客便は週1,200便で開港以来はじめて1,200便を超え過去最高。国際貨物便は週142便で冬期スケジュールとしては過去6番目の便数になる見込み。

国際旅客便については、中長距離路線では昨年の冬期スケジュールに運航を再開したニュージーランド航空(NZ)のオークランド線が今年も週3便で運航するのに加え、12月からカンタス航空(QF)のシドニー線が10年ぶりに週3便で運航を開始します。また、同じく12月からスクート(TR)がホノルル線を週 4 便、シンガポール線を週4便運航する。

東南アジア方面では、9月から運航を開始したジェットスター・パシフィック航空(BL)が、冬期スケジュールでも引き続きハノイ線を週4便、ダナン線を週4便運航するのに加え、タイ・エアアジアX(XJ)のバンコク(ドンムアン)線も12月から1日1便増便し、週14便のダブルデイリー運航。これにより東南アジア方面は週159便(前年比20便増)となる。

短距離路線では、韓国方面で引き続き増便が続いており、9月からエアソウル(RS)が新規就航し、ソウル(仁川)線を週 14 便で運航しているのをはじめ、12月からジンエアー(LJ)がソウル(仁川)線をさらに増便し1日4便運航。また、中国方面では、深圳航空(ZH)や中国南方航空(CZ)などが増便する予定で、これにより韓国方面は週353便(前年比72 便増)、中国方面は週339便(前年比9便増)となる。

国際旅客便におけるLCC便数は、前年よりも週89便週多い481便となり、全便数に占める割合は38.4%となる。また、国内LCC便数は2016年12月比で1便多い1日39便で、その割合は半数を超える。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。