ホテル・旅館の外国人宿泊数が2ケタ増、大阪の宿泊施設で8割以上の高稼働が続く ―2017年7月(速報)

観光庁が発表した2017年7月(第2次速報)の宿泊旅行統計調査によると、延べ宿泊数は前年比1.2%増の4485万人泊。そのうち日本人延べ宿泊者数は0.5%減の3743万人泊、外国人は10.5%増の742万人泊。外国人宿泊者数は7月として調査開始以来の最高値となった。

また、2017年8月(第1次速報)は、全体が0.6%減の5453万人泊、日本人が2.8%減の47740万人泊、外国人が18.5%増の679万人泊。日本人が前年比マイナス傾向となる一方で、外国人は安定的に2ケタ増が続き、全体ではほぼ前年並みを維持する見通しだ。

延べ宿泊数の推移は以下のとおり。

観光庁:報道資料より

7月の外国人宿泊者数を宿泊地別でみると、三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫)で前年比8.5%増、三大都市圏以外の地方部で13.7%増。前月に引き続き、地方部の伸びが三大都市圏を大きく上回る結果となった。

また、2017年7月の客室稼働率は全体で62.5%と高水準。2017年8月はさらに69.1%に上昇した。7月に稼働率が80%を超えた都道府県は、シティホテルで10か所、ビジネスホテルで7か所、リゾートホテルで3か所。大阪は全国で最も高く84.5%。特に、リゾートホテルは95.3%、シティホテルが90.7%と極めて高い数値を記録。ビジネスホテルも85.0%の高稼働となった。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。