日本のMICE開催件数、2016年は前年比9.8%増、外国人の参加者は初めて20万人超えに

日本政府観光局(JNTO)が全国のコンベンション推進機関などからの情報をもとに、2016年に日本で開催された国際会議の件数をまとめた。それによると、開催件数は前年比9.6%増(274件増)の3,121件となった。総参加人数は、同5.3%増(9万4,000 人増)の186万1,000人。そのうち、外国人は同22.3%増(3万9,000人増)の21万4,000人となりはじめて20万人を超えた。

JNTO:報道資料より

都市別では、1位が東京23区で574件、次いで福岡市の383件、京都市の278件となった。グローバル MICE 都市として国際会議誘致の取り組みを強化している神戸市、京都市、大阪市などで、開催件数の増加が顕著となった。一方、仙台市の開催件数は大きく減少したが、これは前年に国連防災世界会議の関連会議が多数開催されていたことによる反動と見られる。

JNTO:報道資料より

日本政府は、日本再興戦略のなかで「2030年にはアジア No.1の国際会議開催国として不動の地位を築く」という目標を設定。JNTOとしては、MICEブランドを活用したグローバル・ブランド・キャンペーンを展開し、各都市とも緊密に連携することで、国内各地での国際会議の誘致促進を強化していく方針だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。