羽田空港に「手話」対応の公衆電話ボックス、利用者のスマホからオペレーターと手話で電話リレー

羽田空港は2017年12月3日、聴覚障害者向けの手話対応型公衆電話ボックス「手話フォン」を設置する。日本財団の電話リレーサービスを利用。利用者のスマートフォン・タブレット・パソコンでオペレーターと手話で会話し、電話を利用できるようにするもの。

電話リレーサービスは、世界20か国以上で無料で提供されている。公共施設でもコミュニケーションのバリアフリーの一つとして提供されているが、日本では今回の羽田空港への設置が初めて。国内線の第1・第2旅客ターミナルに設置する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。