楽天、民泊事業でレオパレス21と提携、特区民泊で運用代行サービスを開始

楽天グループで民泊事業をおこなう楽天LIFULL STAYはこのほど、レオパレス21による「特区民泊(国家戦略特別区域外国人滞在施設経営事業)」向け物件の運用代行サービスを開始した。

今回の取り組みは、楽天LIFULL STAYが民泊施設や簡易宿所オーナーや不動産事業者向けに展開する「全部運用代行パッケージプラン」を通じて実施するもの。具体的には、集客や空室管理、問い合わせ対応、清掃といった宿泊施設運用に関する業務を楽天LIFULL STAYがまとめて代行。例えば、遊休資産を活用して民泊運用をしたいオーナーや、運用業務に時間を割けないオーナーへのサポートを進めていく。

なお、レオパレス21は今回、特区である東京都大田区の所有物件を対象に、楽天LIFULL STAYと連携して特区民泊用の改装を実施する計画。また、今回の取り組みを通じて、楽天が今後開設する予定の民泊サイト「Vacation STAY」(仮称)にもレオパレス21の物件を掲載する予定だ。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。