苗場スキー場に仮想現実(VR)アトラクション、ゲレンデの滑走を実写映像で疑似体験

プリンスホテルは2018年1月18日から25日まで、NTTドコモと共同で、苗場スキー場に「体感型VR(仮想現実)アトラクションシステム」を導入し、プロモーションの実証実験を実施する。

今回採用するシステムは、苗場スキー場のゲレンデでの滑走をVR映像で疑似体験できるもの。実写のVR映像と足元の機器を連動して動作するため、ヘッドマウント型ディスプレイを通じた体験よりも高い臨場感や没入感が得られるという。

プリンスホテルでは、雪のない国から訪れる外国人旅行者やスキー未経験者にもスキーの魅力に触れる機会を提供。経験者にもシミュレーションとして楽しめるようにする。また、リゾート施設への集客拡大やグループ施設間の相互送客、悪天候時の来場者の満足度向上といった分野での有用性も検証する考え。

場所は、苗場プリンスホテル6号館 苗場スキースクール受付前。体験料は無料。体験後にアンケート調査に協力する必要がある。

体験型VRアトラクションシステムのイメージは以下のとおり。

プリンスホテル:報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。