カンタス航空、航空券販売の新通信規格「NDC」対応で個人化サービスなど強化、トラベルポートとの接続で

旅行コマース・プラットフォームを提供するトラベルポートはこのほど、カンタス航空との複数年契約を締結した。カンタス航空のコンテンツ流通や、国際航空運送公開(IATA)が提唱する新流通規格「NDC」対応の新プラットフォーム「カンタス・ディストリビューション・プラットフォーム(QDP)」との接続をおこなうもの。

トラベルポートは昨年、NDCの最高認証レベル「アグリゲーター・レベル3」を取得しており、カンタス航空のQDPをサポートする最初の企業となる。新プラットフォームQDPでは、旅行会社がカンタスのサービスをよりシームレスに販売しやすくなるのが特徴。また、旅行会社における航空券の販売、予約、サービス提供機能を強化し、顧客に対してよりパーソナライズされたサービスを提供する。機内や機内食のイメージ、足元が広く空いている座席の特定など、顧客が必要とするコンテンツへのアクセスしやすさも向上する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。