埼玉県が「ムーミン新施設」と連携協定、観光振興と地域活性化で、海外共同プロモーションや県周遊ルートの訴求など

埼玉県は、北欧とムーミンの物語の世界観を体験できるテーマパーク「メッツァ」を運営するムーミン物語と、埼玉県の観光振興に向け「観光分野における連携協定」を締結する。

飯能市の宮沢湖にオープンするメッツァは、北欧のライフスタイルをテーマにした「メッツァビレッジ」と、ムーミン物語をテーマにする「ムーミンバレーパーク」の2つのエリアで構成。メッツァビレッジは2018年11月9日に、ムーミンバレーパークは2019年3月にグランドオープンの予定だ。

連携協定では、県の観光資源とメッツァの資源を有効活用し、相互に県の観光や魅力を発信。県内全体の観光振興と地域活性化に取り組む。具体的には、香港と台湾、タイの海外旅行博での共同プロモーションや、メッツァビレッジの催事スペースを活用した県の産業と観光のピーアール、サイトの相互リンクによる観光情報の発信、国内外の旅行会社に対するメッツァを含む県内周遊ルートの企画販売など。

協定の締結は2018年6月8日に行なわれる。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。