福岡市、キャッシュレス化で実証実験、美術館・タクシー・屋台などでLINE Pay導入

LINEと子会社のモバイル送金・決済サービスLINE Pay、福岡拠点の子会社LINE Fukuokaは、福岡市実証実験フルサポート事業の「キャッシュレス」に関する実証実験プロジェクトに選ばれた。

福岡市では「キャッシュレスFUKUOKAを合言葉に、市と民間企業が一体となってキャッシュレスの推進に取り込み、多くの市民や観光客に体験してもらい、さらなる取り組みの加速を図るプロジェクトを推進。このほど、AIやIoTなどの先端技術を活用した社会的課題の解決に繋がる実証実験プロジェクトを全国から募集していた。

LINEの3社が採択されたのは、市が実証実験をサポートする「福岡市実証実験フルサポート事業」の「キャッシュレス」に関する実証実験プロジェクトの「福岡市施設」と「民間施設」の部門。

2018年6月中には市の動植物園や美術館、博物館、自転車駐車場などの施設と、屋台、タクシー、商店街などの民間施設にLINE Payを導入。キャッシュレス・ウォレットレスの実証実験を行なう。LINE Payに加え、福岡市LINE公式アカウントと連動させ、LINEのサービスを複合的に利用することも検討している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。