民泊とホテルを同時に比較検索する「ステイウェイ」が本格運用開始、世界100か国400万軒を3ステップで

Stayway(ステイウェイ)はこのほど、民泊を含む宿泊施設検索・比較サービス「Stayway」の本格運営を開始した。2018年初のベータ版ローンチを経て正式リリースを迎えたもの。

同サービスは、ブッキングドットコム、エクスペディア、アゴダ、ホームアウェイ、楽天トラベル、じゃらん、一休、ホテルズドットコム、ウィムドゥ(Wimdu)などと連携。世界中の民泊・ホテルサイトを対象に、3ステップのシンプルな手順で最安値検索を可能とするもの。現時点で検索できる物件は、世界100か国・2万都市以上の400万軒以上。

併せて、旅行好きユーザーに特化したメディアサービス「Stayway media」も運営し、地域や人に着目した独自コンテンツも提供。2018年7月には、旅行分野のインフルエンサーを活用し、高品質動画やドローン撮影サービスもリリース。 日本人と外国人向けの動画コンテンツの作成・PRも展開していく。

なお、同社には、恋愛・婚活マッチングサービスを提供するエウレカ創業者の赤坂優氏が出資。元エクスペディア日本代表の三島健氏とともにアドバイザーに就任している。


みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。