エアライン満足度ランキング2018、11年ぶりにANAが首位に返り咲き、機内食1位はエミレーツ航空に ―リクルート

リクルートライフスタイルの調査研究期間であるエイビーロード・リサーチ・センターはこのほど、国際線エアラインの満足度調査を実施した。それによると、総合度満足度1位は全日空(ANA)、2位は日本航空(JAL)で昨年と順位が逆転。ANAは11年ぶりにトップとなった。3位はエミレーツ航空(前年6位)がランクインした。

【総合満足度ランキング】

※順位(前年順位)企業名/総合満足度ポイント

  • 1位(前年2位)全日空(ANA)4.26pt
  • 2位(前年1位)日本航空(JAL)4.15pt
  • 3位(前年6位)エミレーツ航空4.07pt
  • 4位(前年4位)シンガポール航空4.04pt
  • 5位(前年5位)カタール航空/4.03pt
  • 6位(前年16位)エバー航空3.98pt
  • 7位(-)エティハド航空/3.97pt
  • 8位(前年14位)カンタス航空/3.89pt
  • 8位(前年12位)ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)/3.89pt
  • 10位(前年10位)タイ国際航空/3.87pt
  • 10位(前年12位)KLMオランダ航空3.87pt
  • 10位(前年7位)フィンランド航空/3.87pt

部門別では、航空機の機材や設備、空港内の接客サービスでJALが1位。一方、客室乗務員の接客サービスはANAが1位となった。

【分野別満足度ランキング1位】

※分野名:企業名/満足度ポイント(前年順位)

  • 航空機の機材、設備:JAL/4.10pt(前年2位)
  • 客室乗務員の接客サービス:ANA/4.24pt(前年3位)
  • 空港内の航空会社職員の接客サービス:JAL4.18pt(前年1位)
  • 機内飲食サービス:エミレーツ航空4.04pt(前年1位)
  • 機内エンターテインメント:エミレーツ航空/4.01pt(前年1位)

なお、コストパフォーマンスの評価では、1位が「チェジュ航空」、次いで「エミレーツ航空」「カタール航空」の順に。LCCではピーチ・アビエーションが4位、スクートが7位、ジェットスター・アジア航空が9位にランクされた。

この調査は、関東・関西・東海地域のインテージ調査モニターのうち、2017年に渡航した18歳以上の男女を対象に実施したもの。調査期間は2018年3月20日から26日まで。調査回収数は5314名。 満足度ポイントは、満足である(+5)、どちらかといえば満足である(+4)、どちらともいえない(+3)、どちらかといえば不満である(+2)、不満である(+1)として算出した加重平均値を採用。総合満足度は部門別満足度ポイントの合計ではなく、単独設問への回答で算出した。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。