JR九州、中国人旅行者の誘客で「アリババ」と提携、地域企業のモバイル決済「Alipay(アリペイ)」利用環境の整備も

JR九州はこのほど、中国アリババグループと戦略的提携をおこなった。九州への中国人インバウンド客の送客や消費拡大につなげるもの。JR九州が掲げる2023年度の送客目標は「中国から九州に100万人」。そのうちアリババグループからの送客で半数を目指す。

今回の提携では、旅行者のタビマエとタビナカを対象にさまざまな事業を展開する計画。タビマエの取り組みとして、JRではモデルルートの提案や九州旅行商品の仕入れを行う一方、アリババはデータテクノロジーを駆使して日本と親和性の高い中国人旅行者の発見と送客に注力。アリババグループ運営の旅行サイト「フリギー(Fliggy)」を通じて九州の観光地やグルメ、文化、温泉などを紹介することで誘客を実施する。

また、タビナカ対応では、両社連携のものと、JRグループや地域企業で中国モバイル決済「アリペイ(Alipay)」の利用環境を整備。アリペイ加盟店の集客強化を目指していく。

なお、提携記念特別ツアーとしてJTBが「いつもと違う九州『或る電車』で行く」を催行。観光列車で九州北部を巡り、温泉や豪華ディナーを楽しめる旅行を、「フリギー」内JTB店で紹介する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。