JALとANA、北海道の復興支援プログラムを追加、割引価格や特設サイト開設など

日本航空(JAL)や全日空(ANA)が、北海道胆振東部地震の被災地支援の取り組みを発表した。両社はこれまで救援物資の輸送協力やマイレージの寄付などをおこなってきたが、新たに復興支援プログラムを展開するもの。

JALグループ

JALは「北海道支援パッケージ」として、北海道発着路線を格安で予約できる「応援先得」料金を設定。2018年10月28日から2019年3月30日までの搭乗を対象に、例えば、羽田/新千歳間は6400円(最大約84%割引)、関西/新千歳は8000円(最大約83%割引)で提供する。

また、インバウンド向け日本国内運賃(Japan Explorer Pass)について、2018年10月1日から12月15日までの搭乗期間限定で値下げを実施。例えば、羽田~新千歳/女満別/旭川/釧路/帯広/函館路線は、通常1万800円のところ7560円で提供する。

そのほか、JALダイナミックパッケージや地域の旅行会社の協力による割安ツアーを設定。北海道産品を活用した商品や北海道の魅力を国内外に向けて自社媒体で積極的に紹介するなど、露出強化を進める。

ANAグループ

一方、ANAでは、「でかけよう北海道」プロジェクトを新たに発足。日本語と英語で「北海道応援サイト」を新規開設(日本語サイト9月28日、英語サイトは10月中旬を予定)。旅行商品や割安運賃などを紹介していく。

また、東京・大阪・名古屋からの北海道発着路線で「ANA SUPER VLUE 45/55/75」運賃の値下げを実施。例えば、通常9200円~1万500円の東京/札幌路線を9000円で提供(2018年11月6日~2019年3月30日搭乗分)。帰省などで利用しやすい「スマートU25」「スマートシニア空割」のほか、訪日旅行者向け運賃「ANA Discover JAPAN Fare」も値下げ。訪日旅行者向け運賃では、例えば東京~札幌/釧路/函館/稚内/紋別/中標津/女満別/旭川/帯広路線について、通常1万600円のところ半額の5400円から提供する(9月27日から10月27日発券分までの10月26日以降搭乗分・予定)。

そのほか、ANAセールスが提供するダイナミックパッケージ「旅作」で利用可能な割引クーポンや地元企業などと協力した専用ツアーなどを順次展開。11月からは、北海道発着路線の搭乗者向けに国内航空券や北海道のおすすめ品が当たるキャンペーンを実施する。また、ANAオープンゴルフトーナメント賞金額の一部、「ANAショッピングA-Style」の売り上げの一部を寄付する計画としている。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。