【図解】訪日外国人数、2018年9月は5年8か月ぶり前年割れ、台風・地震の影響で5.3%減の216万人 ―日本政府観光局(速報)

日本政府観光局(JNTO)によると、2018年9月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比5.3%減の215万9600人。台風第21号や北海道胆振東部地震の影響などにより、9月は前年同月の228万人よりも約12万人下回る数値に。伸びがマイナスとなったのは、2013年1月以来、5年8か月ぶり。

1月からの累計は前年比10.7%増の2346万8500人。

2018年の訪日外国人数と前年推移は以下のとおり。

※本グラフはコピー&ペーストで自由に転載可

市場別では、9月は韓国、中国、台湾、香港の上位4か国・地域が、前年比マイナスを記録。人数の最高は9月も中国で、前年比3.8%減の65万2700人。次いで多い韓国は13.9%減の47万9700人、台湾は5.4%減の32万9100人、香港は23.8%増の12万6200人。前月は東アジア4市場で全体の約8割を占めていたが、9月は73.5%に縮小。一方で、調査対象となっている20市場のうち16市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、豪州、米国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペイン)で9月として最高を記録している。

各市場の詳細は以下のとおり。

JNTO:報道資料より

JNTOによれば、東南アジア市や英国を除く欧米豪市場については、災害の影響を受けた関西空港と新千歳空港への航空便で欠航などがあったものの、訪日者数は増加傾向で継続。JNTOではグローバルサイトにて、関西や北海道の観光復興キャンペーンを展開しており、今後も旅行需要の回復を目指していく考え。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。