ハーンエアー、LCCジェットスターのGDS発券が可能に、出張での利用も顕著に

旅行・航空会社のBtoB事業を行なうハーンエアーは、LCCジェットスタージャパンの国内線・国際線のフライトについて、ハーンエアーのプレートでの発券を可能とした。以前からハーンエアーとジェットスタージャパンはグローバルでの契約をしていたが、このほど日本のIATA代理店でも発券が可能となった。ハーンエアーによると、日本LCCを同社のプレートで発券できるのは今回が初めて。

ジェットスタージャパンだけでなく、ジェットスターアジアやジェットスターパシフィック、ジェットスターエアウェイズなど、ジェットスターグループのフライトの発券もGDSで可能となった。これにより、業務出張需要などの利用も見られるようになり、大きな反応があるという。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。

注目観光局 セレクト5SPONSORED

トラベルボイスが注目する観光局の特設サイトです。ロゴをクリックすると注目観光局のインタビューやニュースを一覧することができます。

観光産業ニュース「トラベルボイス」編集部から届く

一歩先の未来がみえるメルマガ「今日のヘッドライン」 、もうご登録済みですよね?

もし未だ登録していないなら…