エクスペディア、一棟貸し民泊事業をブランド変更、「ホームアウェイ」から「Vrbo(ヴァーボ)」に統一へ

エクスペディア・グループは2019年5月2日、「ホームアウェイ」の名称で展開してきた一棟貸し宿泊事業のブランドを「Vrbo(ヴァーボ)」に改称すると発表した。これまで同ブランドの認知度が低かった市場でも個人物件レンタルの主力ブランドとして打ち出し、既存ウェブサイトのリブランドなどを進めていく計画だ。

Vrboはもともと「VRBO(バケーション・レンタル・バイ・オーナーズ)」として1995年に創業。個人所有のコンドミニアムや住宅などのレンタルサービスを行ってきた。特に米国市場では、非常に高い知名度があり、日本でもハワイ旅行リピーターなどの間で定評がある。

2006年にホームアウェイが同社を買収、さらに2015年にはエクスペディア・グループ傘下に加わった。

当初、エクスペディア・グループでは、個人所有物件の取扱いを本格的にスタートするにあたり、ホテルではなく「ホーム」という新しい選択肢であることを強調する狙いから、「ホームアウェイ」をブランド名として採用したという。だが今では個人物件の利用がすっかり定着し、むしろ主流にすらなりつつあることから、ブランド戦略を一歩進めるタイミングと判断。今春から、ロゴマークのデザインから読み方まで一新していた。

エクスペディアによると、米国ではホームアウェイよりもVrboの方が利用者によく知られており、例えばグーグルトレンドのデータによると、検索ワード数はVrboの方が多いという。また個人所有物件などの宿泊セグメントにおける取扱いシェアでも、Vrboは圧倒的(2018年実績)と説明している。

Vrbo(ヴァーボ)

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。