リクルートの決済サービス「Airペイ」、スマホ決済「PayPay」利用を可能に

リクルートライフスタイルは店舗向け決済サービス「Airペイ」で、2019年5月下旬からソフトバンク傘下のスマートフォン決済サービス「PayPay」の取り扱いを開始することを発表した。

Airペイではこれまで、クレジットカードや電子マネーに加え、Tポイントなどのポイント決済などに対応。QRコード決済も、すでにAlipay(アリペイ)やWeChat Pay(ウィーチャット・ペイ)、LINE Payなどにも対応している。今回のPayPayの取扱開始で、全26種の決済手段に対応するという。

なお、経済産業省では国内のキャッシュレス決済について、25年6月まででにキャッシュレス比率を40%、将来的には世界最高水準の80%を目指す「キャッシュレスビジョン」を発表している。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。