ANA機内食を地上レストランで提供へ、ハワイ線の「bills」とのコラボ記念、期間限定で

全日空(ANA)と豪州シドニー発祥の人気レストランbills(ビルズ)は、2019年5月24日から、全日空のハワイ線の機内食でコラボし、オリジナルメニューを提供する。ビルスが機内食に携わるのは今回が初めて。

オリジナル機内食は、ビルズ創立者のビル・グレンジャーが考案。東京(羽田・成田)発ホノルル行きのエコノミークラスで2020年5月31日まで、2種類のメニューを3か月ごとに入れ替えて提供する。また、機内食トレーに置くミニカードをビルズのワイキキ店舗に持参すると、好きなドリンクを1人1杯プレゼントする特典も付ける。

第一弾では、ビルズでも長年人気のメニューであるシュニッツェルを、ポークを使ってアレンジしたメニューや、自家製のジャスミンティースモークサーモンを使ったサラダなど、ビルズならではのメニューを用意。さらに2019年5月24日~2019年6月30日までは、日本国内にあるビルズの全8店舗でも販売。店舗で提供するメニューは機内食よりも量を増やし、華やかな盛り付けとした。

店舗で販売するメニューは「ポークシュニッツェル・マッシュポテト、ポーチドエッグ、パセリとケッパーバターを添えて」が2100円。その他、みそや豆腐を使ったレシピなど、計3つのメニューを提供する。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。