都市景観大賞2019、大分駅南地区と岐阜県可児市「久々利城跡整備活動」が受賞 ―国土交通省

大分駅南地区

国土交通省はこのほど、2019年度「都市景観大賞」を発表した。都市空間部門の大賞(国土交通大臣賞)は、大分県の大分駅南地区。景観まちづくり活動・教育部門の大賞(同)は、岐阜県可児市の「元久々利まちづくり委員会“城守隊”久々利城跡整備活動」に決定した。同年度の応募総数は11件。

都市景観大賞は、良好な景観の形成に関する普及啓発活動のとして、1991年から毎年おこなわれているもの。今回大賞を受賞した大分駅南地区は、周辺部からのアクセス性が悪く低未利用地が多いなどの課題があった地域。大分駅の高架化と合わせて土地区画整理事業と関連する街路事業を実施することで、規模の大きな公共空間の実現と、周辺街区の有効化、都市型住宅地の整備などを実現した。

一方の「元久々利まちづくり委員会“城守隊”久々利城跡整備活動」は、もともと草木に埋もれていた城跡に再び息を吹き込む目的で整備事業を開始。地域住民と企業、行政の協働によって整備がおこなわれ、現在ではイベントを開催するなど、市内外からの訪問者が増加。地域コミュニティに貢献できる存在となった。

そのほか、2019年度「都市景観大賞」受賞プロジェクトは以下のとおり。

都市空間部門 受賞地区一覧

※地区名:応募者

大賞

  • 大分駅南地区(大分県大分市):大分市、大分いこいの道協議会

優秀賞

  • 江古田三丁目地区(江古田の杜プロジェクト)(東京都中野区):江古田三丁目地区まちづくり協議会、都市再生機構 東日本都市再生本部、医療法人財団 健貢会 総合東京病院、積水ハウス
  • リビオ姫路大津のぞみ野地区(兵庫県姫路市):のぞみ野団地管理組合法人、日鉄興和不動産、日鉄コミュニティ、スピナ、アーバンセクション、横浜市立大学 国際総合科学部

特別賞

  • 新百合山手都市景観形成地区(神奈川県川崎市):新百合山手街管理組合、新百合山手景観形成協議会、新百合山手公園管理運営協議会、川崎市
  • 山中湖村平野 ゆいの広場ひらり周辺地区(山梨県南都留郡山中湖村):山中湖村、富士急行、山中湖村デザイン戦略会議、東京大学 景観研究室、イー・エー・ユー+文化財保存計画協会+アルメック VPI + SUGAWARADAISUKE 建築事務所+馬場設計、平野旅館民宿組合、平野区会、山中湖観光協会、山中湖エコミュージアム推進事業団

景観まちづくり活動・教育部門 受賞活動一覧

※活動名(活動エリア):応募者

大賞

  • 元久々利まちづくり委員会 “城守隊”久々利城跡整備活動:元久々利まちづくり委員会、パロマ、可児市

優秀賞

  • 浦安景観まちづくり啓発事業(千葉県浦安市):うらやす景観まちづくりフォーラム、浦安市
  • 城端 曳山祭の文化と景観を次世代に〜大都市圏との連携による景観を生かした空き家再生〜(富山県南砺市):じょうはな庵、城端景観・文化保全機構、新潟大学工学部建築学プログラム松井研究室
  • プレーパークこうりがおか(地域、UR、行政の連携による斜面林活用)(大阪府枚方市):プレーパークこうりがおか実行委員会、都市再生機構 西日本支社、ひらかた市民活動支援センター

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。