KDDIとナビタイムが5G時代を見据えたMaaS連携、通信と交通ビッグデータ、経路探索エンジンなど活用で

KDDIとナビタイムジャパンは2019年6月5日、共同でMaaS領域の取り組みを推進することで合意した。両社の保有する通信・交通ビッグデータや経路探索エンジン、IoT・AI(人工知能)を活用し、都市部の交通混雑の解消や過疎地域での生活路線の確保、オーバーツーリズムといった社会課題の解決を支援していく。

両社が行なうのは、(1)MaaSの実現に必要な検索や予約、決済、アプリなどの基本機能の共同開発とMaaSの立ち上げ支援、(2)両社の顧客接点を活用したプロモーション支援と5G時代を見据えたMaaSビジネスの持続的な収益化の支援、(3)両社の技術やデータを活用した新しいビジネス開発の支援、(4)地域課題や特性に応じた実証実験の支援、の4点。

これらに対し、KDDIは約4000万の顧客基盤によるビッグデータを活用した人口動態分析や予測、通信サービスを提供。グルメやホテルなどのライフデザイン領域のほか、KDDIグループ会社とも連携を図る。ナビタイムは予約・決済を含むMaaS基本機能の開発やマルチモーダルナビゲーション技術の提供、約5100万人の顧客から得られるビッグデータを活用した動態分析や交通コンサルティングを行なう。

連携のイメージ:発表資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。