ヤフーのビッグデータで「街の欲求」を可視化、東京でアート展示イベントを開催

ヤフーと日建設計、東急電鉄の3社は7月19日から21日まで、ビッグデータを用いて「街の欲求」を可視化するアート展示イベントを開催する。場所は東京都千代田区のヤフー本社内オープンコラボレーションスペース「LODGE」。

今回公開されるアートの名称は「CityAtmosphere:VR image to glimpse wishes in the air」。ヤフーのビッグデータをもとに、検索結果を街ごとの特徴が現れるキーワード群で表現。「hungry(ハングリー)」「trendy(トレンディー)」「shopper(ショッパー)」など12の欲求に分類してランキングやレーダーチャートで可視化する。

閲覧者はVR(仮想現実)用のヘッドマウントディスプレイを利用することで、街の風景とキーワード群の文字列を重ねて閲覧可能。また、ランキング上位となったキーワードの文字列を、欲求事のまとまりとして表示し、文字列が読み上げられる体験もできる。

報道資料より

ヤフーら3社は、ビッグデータ活用によるよりよい街づくりを目指す研究を実施。データ分析、都市計画・デザイン、都市開発など、各社の強みを生かした活動を進めるなか、今回の表現手法が判明。クラウドソーシングと統計処理を用いて言葉と欲求をひもづけ、アートを通じて街をとらえる試みをすすめている。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。