ANAとJR東日本、MaaSで連携、鉄道切符や航空券の手配環境を構築へ

東日本旅客鉄道(JR東日本)と全日本空輸(ANA)がMaaSの展開で連携する。陸と空の境界を越え、鉄道と航空の情報がシームレスに受け取れる仕組みや、鉄道きっぷや航空券の手配環境の構築を目指す。輸送サービス、自動車、決済企業など多様な企業との連携も検討する。

両社は2018年11月から、観光流動拡大に向けた連携を開始。地方への誘客推進の共同キャンペーンやインバウンド対応に取り組んでおり、MaaS分野にも連携を拡大する。具体的なサービスは順次発表する予定。モバイル端末などのデジタルテクノロジーも活用しながら、検索、予約、決済など移動のシームレス化を図る。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。