ふるさと納税の返礼品で「地元体験」を即時予約できる新サービス、旅行業で地方創生支援企業が開始、全国14自治体が提供

OOTsは、体験返礼品を日付指定で即時予約できるふるさと納税ポータルサイト「さといこ」を本格スタートさせた。すでに全国14自治体と契約。 その土地ならではの厳選された体験型コンテンツをユーザーに提供している。ROOTsは、「生活者と地方自治体との接点づくり」を重視し、体験型返礼品に特化して、今年5月に立ち上げられたふるさと納税サービスを中心とした地方創生支援会社。

「さといこ」では、従来型の旅行返礼品チケット発行・送付のプロセスをなくし、チケットレス化を実現した。旅行業免許も取得し、 旅行サイトのような「即日寄附し、その日に体験」が可能な仕組みを実装。独自に構築した日本各地に広がるネットワークと、自治体との密接な連携によってガイドブックには掲載されない魅力的な事業者や地域体験との出会いをユーザーに提供する。

現在のところ(9月26日時点)、「さといこ」で体験型返礼品を提供している自治体は、秋田県仙北市、秋田県にかほ市、千葉県長生村、埼玉県横瀬町、埼玉県羽生市、東京都青梅市、山梨県河口湖町、長野県富士見町、長野県御代田町、長野県小谷村、愛知県南知多町、滋賀県長浜市、京都府宮津市、福岡県岡垣市。

たとえば、河口湖町では「地元ガイドしか知らない場所へ!河口湖のプライベートサイクリング」、富士見町では「標高1,100mから八ヶ岳に向かって町を見下ろすパラグライダー体験」、仙北市では「地元の農家さんに教わりながら一緒に農業体験&農泊」などを提供している。

報道資料より

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。