ブロックチェーン技術で航空券の発券開始、ハーンエアが欧州で、中間コストの軽減に一歩

旅行・航空会社の流通サービスを手掛けるハーンエアは2019年11月18日、オープンソースの旅行流通プラットフォーム「ワインディングツリー」上で、ブロックチェーン技術を活用した航空券を発券した。同社によると航空会社では第一号となる。

この日、同チケットを使って独デュッセルドルフ発ルクセンブルク便を利用したのは、ワインディングツリー創業者のマキシム・イズマイロフ氏、ダビド・モンターリ同社最高情報責任者(CIO)、ハーンエアの営業エンジニアリング責任者フレデリック・ノウォトニー氏。

ワインディングツリーが提供する旅行プラットフォームには、ハーンエアが持つ座席在庫のリストが表示されており、予約の管理から決済まで行う仕組み。支払いには現金、クレジットカード、さらにLIFトークンやイーサ(Ether)などの暗号通貨が利用できる。

ハーンエアのノウォトニー氏は「ブロックチェーンを活用した旅行在庫の流通において、最も信頼できるパートナー、ワインディングツリー社と提携できてうれしい。この技術が広く浸透するのはまだ先かもしれないが、当社では、旅行流通における大きな可能性に注目しており、さらに研究を続けていく」とコメントした。

ワインディングツリーのイズマイロフ氏は、「ブロックチェーンは暗号通貨とセットで語られることが多いが、実際にはあらゆる業種、あらゆるアプリケーションに対応可能な無限大の技術。旅行においても、流通のあり方を根底から変えていくだろう」と指摘。

航空券予約に関わる様々な関係者が直接、コネクトし、決済まで処理できるオープンソースの流通テクノロジーであることから、複数の企業が介在し、仲介業務が多くなる旅行業において、やり取りを簡素化し、中間コスト負担を軽減するツールになるとの見方を示した。

ワインディングツリーでは、これまでにエア・カナダ、エールフランスKLM航空、ルフトハンザ航空、空港サービス会社のスイスポート、ノルディック・チョイスホテルズ、シチズンMホテル・チェーン、エアポートホテル・バーゼルともパートナーシップを結んでいる。

ワインディングツリー

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。