民泊エアビー、新型コロナウイルス感染拡大でキャンセル料なしで解約可能に、規定の範囲拡大

エアビーアンドビー(Airbnb)は、新型コロナウイルス(COVID-19)による影響により世界中で旅行が断念されている状況を受け、「酌量すべき事情ポリシー(Extenuating circumstances policy)」の適用範囲を変更した。

対象となるのは、2020年3月14日以前に予約し、チェックイン予定日あるいはタビナカ体験実施予定日が2020年3月14日から2020年4月14日までのいずれかの日付にある宿泊先およびAirbnb体験の予約。ゲストはキャンセル料なしに予約を解約し、払い戻しを受けることが可能。一方、ホストも無料で予約をキャンセルすることができ、スーパーホストのステータスにも変更はない。払い戻しはすべてエアビーアンドビーが負担する。

今回発表されたポリシーは、4月1日に平常時の「酌量すべき事情ポリシー」に戻る予定の中国本土での国内旅行を除き、世界中のすべての国および地域の宿泊先および体験の予約に適用される。

エアビーアンドビーによると、2月の予約キャンセルでゲストによって支払われた金額の86%が返金された。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。