民泊エアビー、旅行延期・取消しのニーズにこたえる新プログラム、新型コロナ拡大で、ホスト支援など

AlesiaKan / Shutterstock.com

民泊事業をおこなうAirbnb(エアビーアンドビー)は2020年3月10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ホストとゲストへの「より柔軟な予約」に対応する方針を発表した。

不確定要素のある中でも、ホストとゲストがホスティングや旅⾏プランをキャンセルまたは延期したいというニーズを満たす目的で、同社が開発しているツールとプログラムを通じて提供される。

具体的には、ゲストの要望に応じ、例外的に予約キャンセルと返金に対応するホストをサポート。プラットフォーム上で返金を直接承認するツールを提供するほか、新たな予約を促進するプロモーションを実施。6月1日までの新規予約について、通常適用される3%のホストサービス料を免除する。

一方、ゲストには、キャンセルポリシーの度合い(柔軟、適度、または厳格)で宿泊施設を検索・予約できるフィルター機能を提供。また、2020年3月11日から6月1日までの間に予約した宿泊先をキャンセルしたいがAirbnbゲストサービス料の返金がない場合は、今後利用できる旅行クーポンとして全額返金する。

Airbnb コロナウイルスについての情報および酌量すべき事情ポリシー

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。