渋谷にau 5G活用のエンタメ拡張体験が次々登場、人気コミック「攻殻機動隊」のAR世界が各所に

KDDI、渋谷未来デザイン 渋谷区観光協会は、渋谷区が推進する創造文化都市事業「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」の一環として、5GやXR技術を取り入れた拡張体験をさまざまな領域で進めていく。

まず、Netflix とともに、人気コミック『攻殻機動隊』を原作とした最新作Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊SAC_2045』の独占配信に先駆け、渋谷の街と『攻殻機動隊 SAC_2045』の世界が合成される拡張体験「UNLIMITED REALITY」を4月16日以降、さまざまな形で展開していく。

au SHIBUYA MODIや渋谷PARCO10階「コミューン」では、スマートグラス「NrealLight」を用いAR空間上で『攻殻機動隊 SAC_2045』キャラクターとのコミュニケーション機会を設定。渋谷フクラス17階オープンテラスでは、VR/ARヘッドセット「XR-1」を用い『攻殻機動隊 SAC_2045』の物語に飛び込み、キャラクターとともに渋谷の街を舞台とする拡張体験を提供する。

また、渋谷の街中に掲示されたポスターからQRコードを読み取り、AR空間上に潜む『攻殻機動隊 SAC_2045』キャラクターを発見するアトラクションも行う。このアトラクションでは、発見したキャラクターを撮影しハッシュタグ「#公安9課メンバーを探せ」とともにTwitter投稿すると、抽選で100人に「UNLIMITED REALITY」オリジナルグッズをプレゼントする。さらに、Instagramの「SPARK AR」機能を活用して、Instagram ストーリーズ上で『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターに扮した動画撮影や投稿できる機能も提供していく。

このほか、au 5GやIoTなど最先端テクノロジーを活用することで、世界中のアーティストが遠隔から参加することが可能で、スタジオの雰囲気をあらゆる場所から体験することが可能になる配信型スタジオ「SUPER DOMMUNE tuned by au 5G (仮)」を渋谷パルコ内にオープンする予定。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。