ANAとJAL、5Gサービスを本格導入、訓練や整備などで業務効率と品質の向上へ、旅客サービスの検討も

日本でも5Gサービスが本格的に開始されたことを受けて、通信会社と航空会社との5Gを活用した協業も始まった。

ANA とNECは、ローカル5Gを活用した協業を開始。NECが取得したローカル5Gの実験免許を活用し、実務訓練を実施するANAグループの総合トレーニングセンター「ANA Blue Base (ABB)」に ローカル5Gを導入する。

具体的には、訓練のパーソナライズ化によるオペレーション品質の向上やパートナー企業との共創による新たなサービスの開発を目指す。姿勢・手順・視線・訓練生の感情変化などのデータをローカル5Gに接続したカメラ・視線測定機器・ バイタルセンサ・VRゴーグルなどのIoTデバイスからリアルタイムに収集・分析し、一人一人にフィードバックすることにより訓練の効果をさらに高めていく。また、パートナー企業が提供する新たなテクノロジーを5G上で活用し、ABB内の端末やシミュレーター、モックアップなどと組み合わせることで新たなサービス開発を行っていきたい考え。 

JALは、KDDIが提供する「au 5G」サービスを「JAL Innovation Lab」で導入し、5G利用を開始。デジタルトランスフォーメーション(DX)による業務効率化や業務品質向上に加えて、5Gスマートフォンを用いたさまざまな旅客向けサービスの検討も進めていく。

両社は、これまでに2回の実証実験を実施し、航空会社の業務における5G活用の可能性を追求してきた。実証実験第2弾で取り組んだ「航空機整備の遠隔作業支援」などの整備業務での活用については、現在実用化に向けた検討を加速させていく。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。