観光庁、訪日客受入環境整備で緊急対策事業の公募を開始、観光案内所の整備、公衆トイレの機能向上など対象

観光庁は、訪日外国人を含む旅行者の受入環境整備の一環として、2020年3月31日から「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金(地方での消費拡大に向けたインバウンド対応支援事業)」の2019度予備費の公募を開始した。観光庁では、この事業を新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだ訪日需要の回復に向けた基盤と位置づけている。

補助対象事業者は地方公共団体、民間事業者および協議会などで、応募受付期間は今年7月31日(17時必着)まで。補助率は補助対象経費の3分の1以内。補助の対象となる事業は、「外国人観光案内所」「観光拠点情報・交流施設」「公衆トイレの洋式便器の整備及び機能向上」「観光スポットの段差の解消」の4つ。

申請に必要な書類および提出先は「訪日外国人旅行者の受入環境の整備に関する事業」に掲載。

みんなのVOICEこの記事を読んで思った意見や感想を書いてください。